わきが治療の新兵器はレーザーです

女性にとってわきがは、深刻な悩みの1つでしょう。彼に嫌われるのではないだろうか、制汗剤で臭いを完全に抑えられるだろうか、などと常に気にしなくてはなりません。近年は、夏だけではなく冬でも暖房が良く効いている部屋にいると、腋に汗を掻きやすい環境下です。夏も冬も一年中、わきがに悩んでいるという人も、少なくありません。

このようなわきがの悩みに対して、従来のわきが治療は、ボトックス注射や外科手術でした。しかしボトックス注射で汗の分泌を抑えることは出来ても、効果の持続が半年前後だと言うことが大きなデメリットです。また、外科手術は、皮膚を切り取って汗腺を切除するので、1週間くらいは安静が必要だし、腫れやしびれなどのリスクも伴います。

そこで、より効果的で安全性の高いわきが治療として近年登場したのが、レーザーを使った治療です。わきの下にマイクロ波を照射して、その熱で汗腺の組織を破壊するという最新治療です。

1時間ほどの治療時間で、局所麻酔で施行できます。施術後の痛みも少なく、その日のシャワーもOKです。そして長期間効果が持続するというのも魅力です。さらに、レーザーによるわきが治療は、アポクリン腺を破壊する際に脱毛も同時にできるので、まさに一石二鳥と言えるでしょう。

汗腺がなくなると、体温調節に影響するのではないのだろうかと、心配になる人もいるかもしれませんが、わきの下に存在する汗腺は体全体の約2%ほどなので、体温調節機能にはまったく影響しないので、その点は安心してください。

多くの人は、1~2回のレーザー治療で効果が期待できます。8割の人がわき汗とにおいの両方面で1年以上の効果を実感しているというデータもあります。レーザー治療の推奨年齢は18歳以上、治療費の相場は35万円~45万円ほどです。

わきがで悩んでいる人は、一人で悩んでいるとそれがストレスとなりますます悪化してしまいます。まずはわきがのレーザー治療を行っている美容外科などでご相談ください。